キャバリアキングチャールズスパニエルのブリーダーから直接キャバリアキングチャールズスパニエル子犬を迎えることのできるキャバリアキングチャールズスパニエルブリーダーガイド

サイトマップ

ブリーダー会員:57 成犬:744 チャンピオン犬:421 里親募集犬:17 交配犬:177 子犬:997 出産予定:13 動画:61 お客様声:242

ブリーダーのタイプ

ブリーダーには、様々なスタイルと目的を持ったブリーダーがいることは、「ブリーダーとは」で述べました。
では、具体的にどのようなブリーダーがいるのでしょうか?


ブリーダー業界では、ブリーダーを大きく3つのタイプに分けて区別することがよくあります。
ここでは、その3つのタイプのブリーダーをご紹介します。


まず、1つ目は「パピーミルブリーダー」です。パピーミルブリーダーは別名、子犬工場と呼ばれています。
金銭が目的で、流行している犬種を何十頭と飼育し、繁殖に適さない犬だろうが何だろうが、とにかく商品である子犬を増やします。
よくトラブルになり、メディアに取り上げられるのもこのブリーダーです。


次に「バックヤードブリーダー」です。バックヤードブリーダーは素人ブリーダーとも呼ばれ、特に繁殖に関して深く勉強しているわけでなく、
趣味程度でブリーダーになった方たちです。日本でブリーダーと呼ばれるのは、このバックヤードブリーダーが多いです。


そして最後に「シリアスブリーダー」です。シリアスブリーダーは、まさに“プロ”のブリーダーと呼んで問題のないブリーダーです。
しかし、その数は日本のブリーダーの中でもごくわずかです。犬種や繁殖に関しての深い知識を持ち、犬の健康管理や飼育管理に
強いこだわりを持っています。計画的に繁殖を行っているため、子犬の出産頭数は少ないです。
ただし、質の高い子犬を作出するため、一度シリアスブリーダーから子犬を迎えた方は、またシリアスブリーダーから子犬を迎える方が
多いです。


以上が、ブリーダーの3つのタイプです。


この3つのタイプのブリーダーを比べると、できればシリアスブリーダーから子犬を迎えたいと思うのは、自然な流れではないでしょうか?


しかし、残念ながら日本で子犬を探す一般的なペットショップには、シリアスブリーダーの子犬は並びません。
ペットショップに並ぶのは、パピーミルブリーダーやバックヤードブリーダーの子犬ばかりです。


シリアスブリーダーは愛犬家でもあるので、子犬をガラスケースに並べて販売することはありませんし、誰の手に渡るのか分からない代理譲渡は行わないのです。


シリアスブリーダーや、その子犬に興味のある方は“シリアスブリーダーに出会う”をご覧下さい。